中国語頓珍漢~単騎が? 単騎で? 単騎を?

犬雄さんLL

日中合作映画『単騎、千里を走る。』の中国語題は《千里走单骑》です。なぜ日本語風の“✕单骑+走+千里”としないのか……《千里走单骑》の構造が分からず,恩師にお尋ねしたことがあります。恩師は気の毒そうに私を眺め「こんなのも分からないの。“走+单骑”の構造を考えなさい」。

恩師の説明は:“走+单骑”は動賓(=動目)構造。動賓構造にはさまざまあり,ざっと14種類に分けられる。今回の“单骑”“工具宾语”。つまり“走+单骑”は「単騎で走る」「ただ1人の騎者で(=単独行で)走る」。

恩師は続けて「そもそも“走”の書面語の意味は調べたの?」。慌てて辞書を引き「『走る/走らせる』とあります」。恩師は「ほらね。他動詞の用法もあるのだから,《千里走单骑》の忠実な訳は『千里,単騎を走らせる』が良いのだよ」。ではアタマの“千里”は?仮に“一千里”という絶対的・具体的な距離数なら“走”の動量補語になりえますが,ここは“千里”で「極めて遠距離/遠路/遠方」の意ですから,主題となって前置された…と見なせましょう。(←恩師に未確認です)

同文同種の日中両言語,つい字面に頼り過ぎ,文の構造をおろそかにしがちです。また「こんなのも分からないの」と笑われぬよう精進しなければ……“千里之行始于足下”(千里の道も一歩より)“千里之堤溃于蚁穴”(千丈の堤も蟻穴より崩る)です……

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です